読み書き走る

毎日病院へ行けないので
母に絵手紙を、、
耳から聞くより
目で見る方がよく覚えているし
良いようだ。また出さないと。
e0136066_00141473.jpg

孫と2人で散歩に。

風に吹かれて動く枯れ葉に

キャッキャと喜び葉っぱを追いかけ走る



交番のパトカー🚓を見て

"ちゅうちゅうしゃ"と言って

しばらく見つめたまま動かない。

音の出る車が好きらしい。

乗りたい!と言われたらどうしようかと思ったが、また走り出した。


好きなものめがけて走る2歳児、けっこう早い。

e0136066_00174317.jpg

こけて怪我させてはいけないと私も走る。 

散歩終え、パパとママに引き渡した。

今日はなぜか腰が痛い(笑)



図書館で予約していた本の順番が回って来た。

女優でエッセイスト、読書家のミムラさん(改名して、美村里江さん)推薦の

大千世界のなかまたち。

絵本ですが子どもから大人まで読める想像力かきたてられる楽しい本。

孫に読んであげたい。

私も子ども時代に読みたかったなぁ。


e0136066_00172243.jpg



そして吉田兼好さんの徒然草を原文と現代語訳した本。

徒然草の内容を知らずに借りましたが

イラストあり、綺麗な写真あり

字も大きくフリガナあり、小学生向き??とも思えますが

とても私向き


江戸時代にベストセラーになり、海外でも読まれているのが納得。。


少し抜粋をば。。


原文↓

ひとりともしびのもとに

文をひろげて、見ぬ世の人を

友とするぞ、

こよなう慰むわざなる


意訳↓

日が暮れると明かりを灯して独りで本を開く

なんてすてきな時間でしょうか。

たとえ話し相手がいなくとも

古のまだ見ぬ人たちと

心の友になることができるのです。


**********

私が本を読むのは

もっぱらお風呂場ですが

本の世界にどっぷり浸かるのが

至福の時間なのです。



[PR]

by qp-i-hiyori | 2018-04-09 00:10 | 絵手紙 | Comments(0)