向日葵・・・絵手紙

e0136066_17455823.jpg

今年の母の日に長男が何が欲しいと
とりあえず聞いてくれたので私も
とりあえず何か欲しいものを言っておこうと思って
「ゲゲゲの女房の本が欲しい」と言ってありました。

母の日には何もなかったのですが
一ヶ月くらいしてから「まだ買ってないんやろう?」と
本を買ってきてくれました。

内容はとても興味深く、進行中のテレビと照らし合わせながら
本を見るのも面白いです。

水木ご夫妻が揃って以前NHkで出られてたのを
拝見したけれど
本当にお似合いのご夫婦だなぁと感じました。
あの水木先生にはあの奥様しか合わないような。。。

本の中で
面白い内容があって、水木先生が取材か何かで
奥様はどんな人かと尋ねられて
水木先生は「生まれて来たから生きているような人間です」と答えられたのだそうだ。
それを聞いて奥様も自分でもその通りだと思って
笑ってしまったと書かれていて
それを見て私もくすっと笑ってしまいました。

なるようになる・・・とか
終わりよければすべてよし!という言葉がこの本に
何度か出てくるのですが、与えられたこと、仕事、命を
ただひたすらに全うしている人、努力をしてきた人が
言える言葉なのだなぁと
しみじみ思いました。

。。と・・その「生まれて来たから生きている!」の言葉が
とっても気に入ったので
向日葵にあてはめてみました。

冬に向日葵は咲きません。
やっぱり夏こその花ですね。
当たり前のように自然に。。そうありたいな。
[PR]

by qp-i-hiyori | 2010-07-22 18:00 | 絵手紙 | Comments(6)

Commented by うみ at 2010-07-22 20:21 x
QPさんの記事を読んで 私は「冬のひまわり」という歌を思い出してしまいました(#^.^#)
ひまわりは やっぱり夏が似合いますね

常滑、すごく楽しかったみたいですね
日帰りでは 楽しさもあわただしかったです(笑)
Commented by チャーミング at 2010-07-22 20:28 x
「ゲゲゲの女房」ドラマを観ていないけれど・・・
本も面白そうなのね~。

ありがとう!
常滑の思い出、届きました。

暑い中、楽しまれたようですね。
美術館には、行ったことがないので、
いつか行きたいです。
Commented by qp-i-hiyori at 2010-07-22 20:56
★うみさん
冬の稲妻なら知ってますが
冬のひまわり
誰のどんな歌だったかなぁ・・・・(^_^;)
向日葵はやっぱり夏がお似合いですよね♪
常滑、面白くて帰りたくなかったくらい(笑)
杉本美術館もとっても良かったし、是非次はお泊りで。。。(^O^)/
Commented by qp-i-hiyori at 2010-07-22 21:06
★チャーミングさん
舞台裏の写真もいい記念ですよね^m^
>ゲゲゲの女房
ドラマね、ねずみ男に似た役者さんや
水木茂の漫画によく登場するサラリーマンに似た人が配役になってたりうさん臭そうな人がたくさん登場したり(^v^)
また、今ちょうどゲゲゲの鬼太郎がテレビで放映されるかどうかの
瀬戸際!
のちに有名になる人とかがアシスタントに来てたり
こういういきさつだったのか~~と思ってみたり
とっても面白いよ。
杉本美術館は作品数の多さ、頭の柔軟さ、繊細さ、大胆さ・・・
ユーモアもあり飽きなかったです
Commented by とくちゃん at 2010-07-22 21:31 x
難しいことなのですが、

「淡々と生きる!」の言葉が好きです!
Commented by qp-i-hiyori at 2010-07-23 00:02
★とくちゃん
自分のやるべきことをコツコツこなし
淡々と生きたいですが
淡々と…を続けるのは難しいですね